2012年12月10日

腹腔鏡下幽門側切除



雨上がり決死隊の宮迫博之が初期の胃がんが判明し、

腹腔鏡下幽門側切除手術を受けましたね。

(ふくくうきょうかゆうもんがわせつじょ と読のかな)


お久しぶりです。

実は、私もついに今月(2012.11.20)幽門側切除をしました。

胃の出口側を3分の2ほど摘出しました。

ただし、腹腔鏡下手術ではなく、通常の開腹手術でした。


開腹手術ですけど、今はすごいですよ。

15センチほど切り開いた開腹手術でしたが、

手術翌日には病室内で立ち上がりましょうと言われ、

2日めには10メートルほど先のナースステーションまで歩きましょう、

3日めには病棟を1周(約30メートル)しましょうと言われ、

腹の痛みに耐えながら点滴スタンドにつかまって、よちよち歩きました。

できるだけ早く動いたほうが回復が早いのだそうです。

実際、手術してから10日で退院できました。

3年ほど前から、こんなスピードになったそうです。

開腹部の傷跡も2週間できれいになりつつあります。

現代外科医療の技術進歩はすごいですね。


手術痕.jpg

きたない腹で、すいません (^_^;) 。実際の私の手術痕です。


手術を決断したいきさつは、また次回に。



posted by Indyjoe at 09:44| Comment(0) | がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。