2012年02月28日

がんは熱に弱い?


前回紹介した 安保 徹 医学博士も 船瀬 俊介 氏も

がん細胞は、熱に弱く 39度(正確には39.6℃らしい)で

死滅すると著書の中で書いています。

39度以上に体を温めれば、がんを退縮させることができる!

実際に「ハイパーサーミア」という温熱療法があるそうです。

私が、昨年末から試しているのが「抗酸化陶板浴」。

2ヶ月間、毎日通ってます。

調子いいですよ!

詳しいレポートは、また報告します。


posted by Indyjoe at 13:34| Comment(0) | がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

がんは生活習慣病


自分に胃がんが見つかってから真剣に調べています。


がんは、本人の間違った生活習慣がもとになってできた生活習慣病。

間違った生活習慣を正し、抑制状態にある免疫機能を活性化し、

自己治癒力を上げることで治る確率が高い病気らしい!


世界的免疫学者 安保 徹 医学博士 と

自律神経免疫療法を確立した 福田 稔 医師 の共著

「ガンと生きる4つの法則」

に詳しく書かれています。

いま、この本を読んでいます。



ガンと生きる4つの法則



posted by Indyjoe at 22:26| Comment(0) | がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病院に行かずに がん を治す


自分に胃がんが見つかってから真剣に調べています。


「がん」は、突然変異した細胞が無限に増殖、転移して、

最後には、宿主(患者)を死に至らしめる不治の病…

と一般に思われていますよね?

ほとんどの医者もそう信じているそうです。

そして、「治療ガイドライン(指針)」に沿って

摘出手術、抗がん剤、放射線治療という三大治療を行い、

決められた治療を終えて、症状が末期に至った患者に

余命宣告をして、医師としての責任を全うします。

医師の間には「2割の法則」というものがあるらしく、

がん治療による成功率は、2割あれば良しとするそうです。

10人中助かるのは2人で普通という常識?不治の病だから?

これ、どうやらすべてが間違っているらしい。

この本にすべて書いてあります。



病院に行かずに「治す」ガン療法―ひとりでできる「自然療法」


posted by Indyjoe at 22:06| Comment(0) | がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。