2012年06月11日

ガンと二酸化塩素ガス


MMSは、亜塩素酸ナトリウム水溶液とクエン酸水溶液を混ぜて、

発生する「二酸化塩素ガス」を摂取するという(ある意味)レシピです。

発明者のジム・ハンブルは、その作り方まで公開しています。

以下、ジムが発信しているレターを転載します。

-------------------------------------------------------

 MMSを継続して飲用する方法は、
最良のガン予防法の一つであるという事実をご理解下さい。
ガンは変形性の病原菌が血流に入って循環し人体のある場所に停滞することによって
生じるという考えが確証されつつあります。
例え少量のMMSであっても、できるだけ頻繁に体内を循環していれば、
これらの細菌が体内に住居を構えることをしないのです。
少量のMMSを頻繁に飲むことによって、ガンの生成と成長を防ぐことができます。

 ある人がガンであると診断を受ける時は、
実際のガン検査の結果が出てくる前であっても、
この人には既に数百万のガン細胞が巣くっていることでしょう。
 ですから、予防のために、何かを実施することは大変に意義のあることです。

 太陽光線とビタミンDは重要な要素です。
ですから、無視しないで下さい。ガン予防法の一つです。

 地球上に存在する多くの民族の中で、いくつかの民族にはガンが皆無です。
彼らはビタミンB17を含む食料を大量に摂取します。
 ですから、ビタミンB17も無視しないで下さい。

 ガン細胞は血液内の砂糖かまたは周辺の組織内の砂糖を消費して
生存し繁殖するので、砂糖や砂糖から作られる食品(炭水化物を含む)の
常食を止めれば、ガン細胞が死滅することを知っています。
 ですから、砂糖や高果糖のコーンシロップを使った人工甘味料、
砂糖へ変換するポテトチップやフレンチフライ等の食品の摂取量を下げましょう。
これもガン予防法の一つです。

 私たちは、ほとんどのガンのケースにおいて、
微生物が正常細胞をガン細胞へと変換することを知っています。
そして、ClO2(二酸化塩素)がすべての既知の病原菌と細菌を殺すために
50年間も使われてきたという事実も知っています。
 ですから、MMSも無視しないで下さい。
MMSの健康維持適用量は病原菌によるガンの繁殖を防ぐうえで、
大きな効果を発揮します。
おそらく、MMSは世界中で最良の病気予防法でしょう。
 ですから、健康維持のために、MMSを規則的に飲用することをお勧めします。


 新しい研究によって、 ClO2少量を連続して体内に循環させる方法は、
何か特定の健康問題(風邪、ヘルペス、または肝炎等に関わらず)を
解決しようとしている人にとって、
病原菌の再生と再繁殖を防止することが判明しています。

 MMSを規則的に飲用されることを強くお勧めします。
その理由の一つとして、MMS1回の摂取量のコストは2円以下です。
1回2円以下で、この恐怖心を煽る「ガン」という言葉を、
あなたのご家族から完全に追い出すことができます。

-------------------------------------------------------

さて、あなたはどう思われますか?


posted by Indyjoe at 21:11| Comment(0) | MMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

内視鏡検査 2回目


胃がんが見つかった年末の内視鏡検査から

3ヶ月経った3月末に再び同じ検査をしました。

この間、MMSと温熱療法(抗酸化陶板浴)をほぼ毎日欠かさず行い、

2月にはピロリ菌駆除の薬を飲んでいます。

結果は、「一進一退だね。良くはなってないが悪くもなってない」

とのことで、がんは進行してはいないようです。

胃カメラの写真は、素人では判断できませんが、

腫瘍は年末とそれほど変わらない大きさに見えます。


akuseishuyo.jpg
2011年12月13日の幽門の画像

shuyo2.jpg
2012年3月28日の幽門の画像


また、血液検査は、腫瘍マーカーが前回14.1だったのが

10.6に下がりました。(赤枠部分)

kensa.jpg

ただ、他の項目が上がったり下がったりしているので、

総評としては、一進一退だということなのでしょう。


しかし、進行が止まっているなら「すごい」ことだと思います。

MMSと温熱療法(抗酸化陶板浴)の効果だと思います。

ピロリ菌の有無は、陰性になったので駆除できたようです。

また、3ヶ月後の6月末に検査します。


posted by Indyjoe at 15:05| Comment(0) | 内視鏡検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

MMS ミネラル・ミラクル・ソリューション


9日ぶりの記事投稿になってしまいました。

容態が急変したとかではありません。

いろいろ本を読んだり、ネットで勉強してました。


で、いよいよブログで発表します。

私が、がん告知された年末から、温熱療法(抗酸化陶板浴)と共に

毎日行っている代替療法が、MMS です。

代替療法というと問題があります。試験的飲用です。

アメリカ発のいわゆるサプリの部類ですが、

米国では、FDAの圧力を受けて「消毒剤」として販売しています。


亜塩素酸ナトリウム水溶液とクエン酸水溶液を混ぜます。

すると「二酸化塩素ガス」が発生します。

家庭用漂白剤と同じカルキ臭がして、殺菌・漂白という

性質も似ていますが、似て非なるもの=人体に無害です。

これを水で薄めて飲むことにより、体内に二酸化塩素ガスが

血流とともにかけめぐり、白血球の働きを助けて

嫌気性ウイルスやバクテリアを死滅させます。

がん細胞ももともとは、白血球(リンパ球、NK細胞、マクロファージ等)が

体内をパトロールしては、↓がん細胞を見つけて殺しています。

http://gan-to-meneki.seesaa.net/article/252186810.html

それを協力に応援して自己免疫力を増強するのが、MMS です。

MMSの詳細は、また。


posted by Indyjoe at 22:17| Comment(0) | MMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。